学生でもキャッシングをすることができるのか

キャッシングをしてお金を借りようとする人はお金に困っている人が大半です。そのため収入がないか収入が低い人が利用することになります。

そして学校に通っている学生は空いている時間にアルバイトをすることはあっても、普段仕事をしているというわけではないので、お金が不足することも多いです。そのため学生は仕事をして継続的な収入を得ている社会人よりもお金を借りたいという場面が多いと言えます。

そこで学生でもキャッシングをすることができるのかというと消費者金融でも銀行系カードローンを利用してでも可能です。

そしてまず消費者金融を利用してキャッシングをするためには20歳以上で収入を得ていることが条件となっていることがほとんどですが、学生でもこの条件を満たしていれば借入をすることができます。なぜなら消費者金融側としては総量規制を満たしていて、なおかつしっかり返済してもらえれば特に問題ないので、利用者がどの属性なのかということはあまり関係ないからです。そのため継続してアルバイトしている人であれば消費者金融を利用してキャッシングをすることができます。

次に銀行系カードローンの場合は消費者金融とは違い、総量規制の対象にはなりません。そのため法律上は収入のない学生でも利用可能ということになります。しかし銀行側としても収入のない人に融資をするのはリスクがあるので、借入をすることができるにしても最低の利用限度額を設定されるにとどまるでしょう。

学生はカードローンを利用できるの?

学生だからカードローンを利用する必要はない!そうお考えの方もいるかもしれません。しかし学生といえど生活において様々な場面でお金が必要になります。特に就職が厳しい現在、企業説明会や会社訪問でたくさんの場所を訪れる必要があり、交通費や宿泊費などで多くのお金を使わなければなりません。

就職活動においては数十万単位のお金が必要になると言われており、特に地方から関東圏への就職を希望する学生にとってはその費用も大きなものになります。基本的にカードローンの利用は、そのような学生でも借り入れできるようになっています。

しかし、学生の場合には、いくらまでしか借り入れできないというように、利用限度額に制限が設けられていたり、あるいは20歳未満の学生は利用できないなどの規定がある場合がほとんどです。

ですが一般的には20歳以上の学生で、ある程度の収入がある方はカードローンの利用について心配は要りません。アルバイトをしている学生であるなら、収入があるとみなされるので審査を通ることがほとんどです。カードローンを利用するための条件としてあげられる「収入があること」は、アルバイトやパートをしている方でもクリアすることが出来ます。

カードローンを利用する際に、どのくらい収入があるかということより重視されているのは、安定した収入源があるかということです。つまり返済能力がしっかりとあるかどうかが、審査の基準になってくるわけです。そういう意味では、月にいくらもらっているかということに加え、どれくらい長く勤続しているのか、つまり勤続年数が重要なポイントになります。長期間勤めた経験があれば、安定した収入があると判断されるはずです。

カードローン会社のホームページのサイトでは、年齢・収入などの今現在の条件で借り入れできるかどうかを簡単にチェックすることができます。学生だからカードローンを利用できるか心配・・・という方はぜひチェックしてみてください。