教え子貸し付けは利子が低くても消費方法で割高になることも!

教え子貸付と言えば、一流サラ金に比べ低い金利でキャッシングが出来る結果、教え子にとっては多少なりとも負荷を抑えられるキャシング戦略です。ただし、金利が低いといっても、サラ金のカード貸付に比べ、1~2百分比程しか差が無く、単なるため割高になってしまうこともあります。特に留意をしたいのが、費消ら増える手間賃です。一流サラ金の場合、向けATMや銀行ふところ引落を利用すれば、手間賃が掛かりません。一方、教え子貸付の多くは向けATMを利用すれば、費消手間賃は掛からないものの、実質的には銀行払い込みになってしまい、最低でも324円の手間賃が掛かります。

最近では、セブン銀行に対応した貸付カードを発行する貸金企業があるものの、108円もしくは216円の手間賃が掛かってしまい、一流サラ金のカード貸付よりも負荷が大きくなることも少なからずあります。そのため、金利だけでなく、費消ら加わるお金を予め確認することが重要です。たとえば、毎度324円も掛かってしまえば、1年間で3888円も自費になってしまいます。そこで、遠方の方がより負荷を少なくするためには、ネット銀行の払い込み手間賃が無料になるサービスを活用するのがおすすめです。