有難いキャッシング

この世の中にキャッシングというものがなかったら私はどうなっていたことでしょう。私の家庭は父親が私が小学校になる前に他界して母子家庭という環境でした。

母子家庭で子供を3人も養っていかなければならない母親の苦労も大変でなんとか高校を卒業させてもらいました。しかし、それまでの生きていくために必要だったお金の一部を母親は知人などから借金をしていて私たちはその負担を追うことになったのです。

私は夜間の専門学校に通いながら昼はアルバイト生活をしていてその分の給料を借金返済に当てていたのですが、私も就職をしたかったので自動車の免許を取得しようと思いました。

しかし、借金返済も半分残っていて私だけのアルバイト代だけでは自動車免許を取得することはできずにキャッシングに申込みをすることに決めました。

免許取得には30万円程必要だったので20万円を借り入れて残りは親戚の叔父に援助していただきました。

これで免許取得にモチベーションが上がり一発で免許を取得することに成功して就職活動にも有利になりました。

その後就職して借金もまだまだ苦しいですが滞ることなく返済ができているのでキャッシングと叔父には本当に感謝しています。完済できた際には家族で食事にいきたいです。