キャッシングの返済で重要なのは金利より日数

キャッシング条件の比較ということになれば、金利には非常に神経質になるのに日数には鈍感であるという利用者が多いようです。もちろん、金利は全く無視していいというわけではありませんが、キャッシングの返済では金利よりも利息額に圧倒的な影響を与えるのは日数であると知っておきましょう。

極端な例になるかもしれませんが、10%の金利で返済に2ヶ月かかるのも20%の金利でも1ヶ月で返済するのも利息額は計算上は同じになります。金利は利息制限法で決められていることもあり、消費者金融同士や銀行同士の比較ではあまり大きな金利差はないことが普通です。キャッシングの利用者の金利の高低よりもいかに早く返済するかを考えるべきでしょう。

夏の水道代はかなり高くなりますが安くするコツは。

夏の水道代は家族3人で4千円はかかってました。主人、娘(社会人)私、の3人で住んでますが、

洗濯は2回はします。冬は一回なんですが。

家庭菜園もしてますから、

朝夕のお水かけもバカになりません。その他、お花もあります。

猫も二匹いますからトイレ二つも

毎日ではありませんが掃除します。

そこで気づいたのが水を細く出すです。

ザーザー出すより細く出したほうが水道代が安いです。

食器洗いは、鉛筆くらいの細さで洗います。洗いかたにもコツがあり、洗剤をつけた食器を、

重ねて、滝みたいに流れる感じで洗うと2枚目に洗う食器の泡が流されるから、水道を出してる時間も短くなります。

お風呂の湯はりは、鉛筆の細さだと中々時間がかかるので、ザーザーではなく、やや細くにしてます。

家庭菜園、お花の水は、米をといた水をバケツにいれてます。

それをお花とか野菜にかけます。

お風呂のお湯も、洗濯に使いますし、お湯が残ってれば、お風呂掃除の床とか、桶を洗います。

4千円かかってた水道代が、

3千円ちょいになりました。

娘が朝シャンをするので、それは、私が折れてます。

その代わりお風呂にはいったら、

シャワーをなるべく短時間で、

水圧を弱めにお願いしてます。

節約も家族が、いやがらない程度にしないとストレスがたまりますから、折れてるとこは折れてます

毎月の返済額の条件はどれくらいにするといいのか?

ひと月返済するのはよろしいとして、基本的に返済額はどれくらいの基準で設定するのがいいのでしょうか?
返済額も仕込み次第ではライフが難しくなったり、借入が返し切れないのでは参るという話になるでしょう。

理想はできる限り早めに返納しておいてほしいというのが本音ですが、そういったことが酷いみたいなら
おおよそではありますが、給与の1割から2割ぐらいに設定するといいでしょう。
給与も月にどれくらい利用するものがあるかどうかというようなことがあるでしょうが、おおよそ生活費などを勘案すると
月収はあまり残らないと思います。 ですので、留まる分け前がどれくらいかを勘案するとこれくらいの単価が賢明だといえます。
そうすると借入というのもおおよそこれくらいの返済額を下回るようにする費用で拝借講じるということも忘れないようにください。