中小消費者金融の独自審査で知っておきたいことは?

中小消費者金融の中には、独自審査基準を設けて、大手では契約できない方に融資するケースがあります。

インターネット上では、『審査が甘い』や『ブラック対応』という情報に結び付きます。

ですが、この独自審査基準は中小消費者金融の特徴を理解しなければ不快になるごともあります。

口コミサイトでは、根ほり葉ほり聞かれたあげく、契約できないといったものがあります。

そもそも、独自審査は契約者の生活実態を把握した上で必要最小限の融資を得られるものです。

大手のように膨大な顧客情報を基にスコアリング審査が行えない中小消費者金融にとっては、ヒアリングは重要なことです。

そのため、個人情報の抜き取りや融資する気がないと言った評価に惑わされないように注意が必要です。

キャッシングの限度額について

キャッシングには限度額というものが存在しています。
その限度額の置き場は業者によって違っていますが、基本的にはサラ金の限度額は厳しい利率が付いていることもあり、意外と低めの限度額の設定していることが多く、銀行のキャッシングは利率が低めに設定されていることが多いことから多めの限度額に設定していることも多いだ。
しかし、限度額が高いキャッシングは融資を受けるために配置が多いことが多いです。
例えば、現在の職場で3階層以外勤務しているか何とかであったり、年俸が200万円以上であるかなどといったものです。
限度額がおっきいということはそんなに高額の資金を取引するということになるので、実際その人が一概に返還できるか何とかという詳細を低めの限度額のキャッシングよりも慎重に見ることが必要不可欠となるのです。
また、キャッシングによっては母親のヒューマンやバイト・コンポーネント職務のクライアントにも融資を受け付けるということをふれこみとして宣伝して掛かるキャッシングも存在していますが、そういう地位のクライアントが負債をもらえるキャッシングの限度額は大勢低めに設定されているものが大半なのでその点には注意して利用するようにしましょう。

キャッシングの本人確認で使う書類は何を準備すればよい?

キャッシングの本人確認で使う書類は、運転免許証があればそれが一番よいのですが、それ以外の身分証明書も使えるものがいくつかあります。

まずパスポートは公的に発行されたもので顔写真もありますししっかりと身元が特定されたものですのでキャッシングの本人確認でも使えます。

次に健康保険証も公的な書類ですし現住所も記載されていますのでキャッシングの本人確認で使うことができます。

キャッシング会社によりますが、顔写真入りのマイナンバーカードも役所が発行した書類なのでキャッシングの本人確認書類として受理してもらえます。

その他の身分証明書も、顔写真入りの公的な証明書は使える可能性が高いため、キャッシング会社に相談してみるとよいでしょう。