学生はカードローンを利用できるの?

学生だからカードローンを利用する必要はない!そうお考えの方もいるかもしれません。しかし学生といえど生活において様々な場面でお金が必要になります。特に就職が厳しい現在、企業説明会や会社訪問でたくさんの場所を訪れる必要があり、交通費や宿泊費などで多くのお金を使わなければなりません。

就職活動においては数十万単位のお金が必要になると言われており、特に地方から関東圏への就職を希望する学生にとってはその費用も大きなものになります。基本的にカードローンの利用は、そのような学生でも借り入れできるようになっています。

しかし、学生の場合には、いくらまでしか借り入れできないというように、利用限度額に制限が設けられていたり、あるいは20歳未満の学生は利用できないなどの規定がある場合がほとんどです。

ですが一般的には20歳以上の学生で、ある程度の収入がある方はカードローンの利用について心配は要りません。アルバイトをしている学生であるなら、収入があるとみなされるので審査を通ることがほとんどです。カードローンを利用するための条件としてあげられる「収入があること」は、アルバイトやパートをしている方でもクリアすることが出来ます。

カードローンを利用する際に、どのくらい収入があるかということより重視されているのは、安定した収入源があるかということです。つまり返済能力がしっかりとあるかどうかが、審査の基準になってくるわけです。そういう意味では、月にいくらもらっているかということに加え、どれくらい長く勤続しているのか、つまり勤続年数が重要なポイントになります。長期間勤めた経験があれば、安定した収入があると判断されるはずです。

カードローン会社のホームページのサイトでは、年齢・収入などの今現在の条件で借り入れできるかどうかを簡単にチェックすることができます。学生だからカードローンを利用できるか心配・・・という方はぜひチェックしてみてください。