キャッシングの返済で重要なのは金利より日数

キャッシング条件の比較ということになれば、金利には非常に神経質になるのに日数には鈍感であるという利用者が多いようです。もちろん、金利は全く無視していいというわけではありませんが、キャッシングの返済では金利よりも利息額に圧倒的な影響を与えるのは日数であると知っておきましょう。

極端な例になるかもしれませんが、10%の金利で返済に2ヶ月かかるのも20%の金利でも1ヶ月で返済するのも利息額は計算上は同じになります。金利は利息制限法で決められていることもあり、消費者金融同士や銀行同士の比較ではあまり大きな金利差はないことが普通です。キャッシングの利用者の金利の高低よりもいかに早く返済するかを考えるべきでしょう。