学生でもキャッシングをすることができるのか

キャッシングをしてお金を借りようとする人はお金に困っている人が大半です。そのため収入がないか収入が低い人が利用することになります。

そして学校に通っている学生は空いている時間にアルバイトをすることはあっても、普段仕事をしているというわけではないので、お金が不足することも多いです。そのため学生は仕事をして継続的な収入を得ている社会人よりもお金を借りたいという場面が多いと言えます。

そこで学生でもキャッシングをすることができるのかというと消費者金融でも銀行系カードローンを利用してでも可能です。

そしてまず消費者金融を利用してキャッシングをするためには20歳以上で収入を得ていることが条件となっていることがほとんどですが、学生でもこの条件を満たしていれば借入をすることができます。なぜなら消費者金融側としては総量規制を満たしていて、なおかつしっかり返済してもらえれば特に問題ないので、利用者がどの属性なのかということはあまり関係ないからです。そのため継続してアルバイトしている人であれば消費者金融を利用してキャッシングをすることができます。

次に銀行系カードローンの場合は消費者金融とは違い、総量規制の対象にはなりません。そのため法律上は収入のない学生でも利用可能ということになります。しかし銀行側としても収入のない人に融資をするのはリスクがあるので、借入をすることができるにしても最低の利用限度額を設定されるにとどまるでしょう。

自宅近くにプロミスがあるとは思わなかった

私は現在、神奈川県に住んでいます。職場は自営業で、主に雑貨等を販売しています。しかし自営業なので、売り上げが悪いと生活に困ってしまうのが難点です。そこで最近、売り上げが伸び悩んでいる際に、友人の結婚式に招待状が届いたのです。ですが、私にはご祝儀を払える程のお金がありませんでした。学生の頃からの長い付き合いなのに、どうすればいいかと考えます。そして、先日に、ある広告を目にした事を思い出しました。

それがプロミスです。これだ、と微笑んで、早速インターネットを使って調べました。すると、自宅近くにATMがあったのです。こんな近くにあったとは、全然知りませんでした。近所を通る際は、よく目を凝らさないと駄目なようです。

しかも、夜遅くまで営業しているとの事で、その場所まで向かいました。徒歩で3分の場所です。建物の1階に位置しており、看板が光っているのが見えました。

中に入り、手続きを行います。初めてな事なので、わからない部分がでてきました。しかし、直ぐ近くに電話機が置いてあり、それでスタッフの方と話ができたのです。その後、わからない部分も書けて、かかった時間も1時間くらいでした。

おかげで10万円を借りる事ができて、これで友人の結婚式に、ご祝儀をだす事ができます。本当に自宅近くにお店があってよかったです。

キャッシングの増額申し込みはこちらからしなくても良い

キャッシングを利用していて、今度からもっと多く借りられないかな?と思うこともあると思います。限度額を増額してくれないかな?と思うこともあるでしょう。

限度額の増額はこちらから話をしてみて増額してくれるケースもありますし、消費者金融の方から増額しませんか?もっと貸しますよ?と言ってきてくれることもあると言います。それは消費者金融にとって、信頼できるお客さん、毎回ちゃんと問題なく返済してきてくれる人には、むしろたくさん借りてほしいのです。

それは返済が滞る心配が少ない人によりたくさん貸して、利息を多くもらって稼ぎたいからです。したがって、普通に何度も何度も返済をしていけば、いずれ向こうから声をかけてくれると思います。増額申し込みといっても、そんな一気に限度額が膨らむわけではないので、少しずつ増えると思った方が良いでしょう。

1度増えても、その後また同じように返済を真面目にしていけば、また限度額を増やしてくれる可能性があります。真面目にやっていれば、向こうもそれを評価してくれるのです。そして、多く借りられるわけですから、こちらとしても非常に助かるというのがあると思います。限度額の増額については必ずしもこちらが希望しなくても実施してくれる場合があるということです。

業界大手のアコムが安心

どうせ使うなら一番お得なキャッシングを利用したいと思うのは誰しも願う事です。どうすれば一番お得なキャッシングが分かるのかと言うとなかなか答えを出すのは難しい点です。
なぜなら借入期間や借入金額あるいは利用するATMなどの借入スタイルは人によって異なるので、いちがいにすべての人に当てはまるこれというポイントは定めることができないからです。

しかし「安心感」というポイントは借入を行うすべての人にあてはまる指標の一つかもしれません。この点に照らし合わせてみてみるとアコムはかなりおすすめできるキャッシングと言えます。

まずテレビのCMでアコムのCMを見ない日はないというくらい頻繁に流れています。多くの人にとってよく知っている会社の一つという訳です。

また業界大手という事もあり非常に対応が丁寧なことでも知られています。特に初めてでキャッシングについてよく知らない人にとってフリーコールのオペレーターが非常に親切に応対してくれることは安心できます。提携ATMや無人契約機の数も多いので日本中どこに行っても利用できるという安心感もあります。

キャッシングは競争が激しくなり各社のサービスにあまり違いがない現在、「安心感」というモノサシでキャッシングを比べてみるのも一つの方法です。

本人確認書類の提出が必要

キャッシングを利用するには本人確認書類の提出が必要になります。運転免許証があれば簡単に終わることなのですが、誰もが持っているとは限りません。
なので、運転免許証以外で本人確認が出来る物を用意する必要があります。

運転免許証以外で本人確認出来る物といえば、健康保険証やパスポートなどになります。

全て有効期限があるものなので期限切れの物では、本人確認書類として認められません。
また住所変更されている人は別途、住所と名前の載った公共料金の領収書や住民票などが必要になります。

この本人確認書類は郵送やFAXでコピーを送ることも出来ますが、現在はインターネットを使って、PCやスマホで画像を取り込んで送信するのが主流となってます。

無人契約機ならスキャンするのも簡単に出来るので、本人確認書類の提出が楽です。

キャッシングを利用する時に、本人確認書類の提出でつまずくようではいけません。これは基本中の基本と言えることなので、まずはしっかりと免許証なり健康保険証なりを用意しましよう。

特に無人契約機や実店舗に出向く場合は、印鑑と同時に忘れて無いか最優先で確認する項目です。

本人確認書類が審査に及ぼす影響は微々たるものですが、責任ある大人がキャッシングを利用しようとするなら、すんなりとこれぐらいの書類は提出しましよう。

学生で本人確認書類を準備出来ない人も居ると思いますが、学生なら必ず学生証という身分を証明する物があります。20歳以上なら学生証で本人確認書類として認められます。
ただし、学生証とは別に公共料金の領収書や請求書など現住所が分かるものも必要になります。

日本には公的な身分証明書というものがありませんから、何かと不便ですが、運転免許証、保険証、パスポートのこの3つがあればキャッシングに限らず、殆どの本人確認は出来てしまいます。

特に運転免許証とパスポートは写真付きなので、本人確認としての信用度が高いです。なので、例えば簡単に取れる原付き免許でも良いので持っていると、役に立つ瞬間が幾度と無く訪れる筈です。

カードローンは銀行カードローンから始めよう

今や銀行カードローンは、全国の地銀で色々なサービスを行ってます。消費者金融のカードローンと似たようなサービスですが、やはり銀行が行っているということで人気があります。

大手の消費者金融は、銀行のグループ会社であることが殆どですが、やはり、「○○銀行カードローン」と銀行名が直接入っていると信用度が格段に違います。特にメガバンクのカードローンは信用度と人気度でグンを抜いてます。

若い人たちには新興銀行のセブン銀行や楽天銀行の方が人気があるようです。審査の通り易さなどが人気の秘訣かもしれません。

大手の銀行カードローンもそれほど厳しい審査を課している訳ではないので、身構える必要はありませんが、新興銀行に比べるとどこかハードルの高さを感じてしまいます。

大手消費者金融の審査に問題なく通ると思われる人達は、大手の銀行カードローンでもまず審査は問題ないでしょう。

お金を借りるなら、なるべく金利の低い所で借りたいと思うのが普通ですから、銀行カードローンの金利の低さはとても魅力的だと思います。それでいて審査もそれほど厳しくないのなら、銀行カードローンを選択しない理由がないのです。

他社からの借り入れ件数が非常に多い人や、何かしらの金融事故を起こした人などは、銀行カードローンのハードルが一気に上がります。

しかし、借り入れ件数が数社ならば、おまとめローンとして銀行カードローンを使うことを銀行もすすめています。金融事故に関しては銀行は厳しいので諦めるしかないかもしれません。

何も問題が無い人で、初めてカードローンを利用しようと考えている人は、銀行カードローンを選択することを強くすすめます。

無利息でキャッシングができる消費者金融のカードローン

どうしても必要なのに現金が手元に無くて困った時、パソコンやスマホから簡単にお金を借りることができる消費者金融のキャッシングはとても便利ですが、利息がたくさんかかって返済の負担になるのが心配ですよね。

しかし大手消費者の中には、利息無しでキャッシングをすることができる業者もあるのです。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは、初めて融資を受ける人がEメールアドレス登録しWeb明細を利用すると30日間無利息でキャシングができるといううれしいサービスを行っています。

初回利用者限定ではありますが、利息無しでお金を借りられるのならばこれほど便利でお得なことはありませんよね。

新生銀行のカードローンレイクでも、はじめての利用者に限り借り入れをした金額のうち5万円までを180日間か全額を30日間かのどちらかを選んで無利息でキャッシングをすることができます。

2つの無利息サービスを両方使うことはできないので、どちらかを都合のいい方を選んで賢く利用したいものです。

同じく新生銀行グループの消費者金融ノーローンでは、キャッシングをしてから最初の1週間の間はまったく利息がかかりません。

ですから借り入れをした日から7日後までに全額を返済することができれば、一切利息を負担することなくキャッシングをすることができるわけです。給料日の5日前にお金が無くなってノーローンで3万円を借りたとしても、5日後に給料が出たときに全額を返済すれば利息を1円も払わなくて済むので大変有利でお得です。

初回利用者限定の無利息期間サービスがあるプロミスやレイクと違い、ノーローンでは全額を返済できていれば翌月もまた無利息でキャッシングをすることができるというメリットがあります。

何度でも繰り返し無利息期間を利用することができるのですから、上手に活用したいですよね。

現在大手消費者金融では利息の上限が18%程度のところがほとんどなので気軽に利用しやすくなっていますが、無利息でキャッシングをすることができるお得な業者は見逃すことがないようにしましょう。

学生はカードローンを利用できるの?

学生だからカードローンを利用する必要はない!そうお考えの方もいるかもしれません。しかし学生といえど生活において様々な場面でお金が必要になります。特に就職が厳しい現在、企業説明会や会社訪問でたくさんの場所を訪れる必要があり、交通費や宿泊費などで多くのお金を使わなければなりません。

就職活動においては数十万単位のお金が必要になると言われており、特に地方から関東圏への就職を希望する学生にとってはその費用も大きなものになります。基本的にカードローンの利用は、そのような学生でも借り入れできるようになっています。

しかし、学生の場合には、いくらまでしか借り入れできないというように、利用限度額に制限が設けられていたり、あるいは20歳未満の学生は利用できないなどの規定がある場合がほとんどです。

ですが一般的には20歳以上の学生で、ある程度の収入がある方はカードローンの利用について心配は要りません。アルバイトをしている学生であるなら、収入があるとみなされるので審査を通ることがほとんどです。カードローンを利用するための条件としてあげられる「収入があること」は、アルバイトやパートをしている方でもクリアすることが出来ます。

カードローンを利用する際に、どのくらい収入があるかということより重視されているのは、安定した収入源があるかということです。つまり返済能力がしっかりとあるかどうかが、審査の基準になってくるわけです。そういう意味では、月にいくらもらっているかということに加え、どれくらい長く勤続しているのか、つまり勤続年数が重要なポイントになります。長期間勤めた経験があれば、安定した収入があると判断されるはずです。

カードローン会社のホームページのサイトでは、年齢・収入などの今現在の条件で借り入れできるかどうかを簡単にチェックすることができます。学生だからカードローンを利用できるか心配・・・という方はぜひチェックしてみてください。

アルバイトでのキャッシング

お金が今どうしても手元に欲しい時に利用するのがキャッシングです。

しかし、キャッシングをする時に自分の社会的地位や、年収などの影響により
キャッシングをうけることができないのではないかと考える方も多いと思います。

でも、これは、借りる所によって全く変わってきます。

特にこういう問題で悩む人の多くは、アルバイトを収入源にしているフリーターの方や学生の方が多いと思います。
アルバイトでも定期的な収入があると判断されると、お金を借りることができます。

特に消費者金融の多くは、アルバイトが収入源の方でも毎月な定期的な収入のある方は、気軽に貸してもらう事ができます。

ところが、銀行などの金利が低く設定されているところでは、アルバイトの方は審査に通らないということがあります。

この理由としては、消費者金融の多くは、少しでも多くの人に小額のお金を貸して、そこから高い金利でお金を得ているという体系だからです。

それに対して銀行は、消費者金融よりもお客の数を減らして、少数の人に多額のお金を貸して、その少ない金利でお金を得ているという体系だからです。

なのでアルバイトを主にしている人のキャッシングは消費者金融を利用することをオススメします。

ココを参考にしました↓
キャッシングの利息を考えてみる

有難いキャッシング

この世の中にキャッシングというものがなかったら私はどうなっていたことでしょう。私の家庭は父親が私が小学校になる前に他界して母子家庭という環境でした。

母子家庭で子供を3人も養っていかなければならない母親の苦労も大変でなんとか高校を卒業させてもらいました。しかし、それまでの生きていくために必要だったお金の一部を母親は知人などから借金をしていて私たちはその負担を追うことになったのです。

私は夜間の専門学校に通いながら昼はアルバイト生活をしていてその分の給料を借金返済に当てていたのですが、私も就職をしたかったので自動車の免許を取得しようと思いました。

しかし、借金返済も半分残っていて私だけのアルバイト代だけでは自動車免許を取得することはできずにキャッシングに申込みをすることに決めました。

免許取得には30万円程必要だったので20万円を借り入れて残りは親戚の叔父に援助していただきました。

これで免許取得にモチベーションが上がり一発で免許を取得することに成功して就職活動にも有利になりました。

その後就職して借金もまだまだ苦しいですが滞ることなく返済ができているのでキャッシングと叔父には本当に感謝しています。完済できた際には家族で食事にいきたいです。